意外に知らない?

>

その他気をつけたいポイントは?

連帯保証人の審査

入居審査において、連帯保証人で通過できない場合の例としては、連帯保証人として立てた人が保証人として適当でないと判断されてしまった場合です。
連帯保証人には、両親や祖父母、兄弟などの血縁者、または上司や友人などを立てることができますが、血縁者以外は審査で通るは難しいとされています。
血縁者でも年収などの支払能力が最も重要になります。
両親や兄弟であっても本人と同じくらいの収入がないと審査の通過が難しい場合もあるようですので連帯保証人の人選や気をつけたいところです。

また、物件によっては保証会社が必要なものもあるので、それらは事前に確認しておくのがいいでしょう。
クレジットカードでの家賃の支払いが可能な物件ついては、連帯保証人が不要なものがあります。

見た目も重要?

入居審査の目的を考えたときに、家賃を滞納せずにしっかりと払えるかが貸す側にはとても重要ですが、やはりそこに人が住むわけですので、その人の人柄も重要なのです。
見た目で通るわけではありませんが、面接試験のような感じだと思います。
服装はもちろんのこと、質疑応答など、スムーズできるかとか、基本的なやり取りができなければ、その他の項目がよくても、貸す側は少し引いてしまいますよね。
申込みに行く際には、面接試験のように考えるのがいいのではないでしょうか。
服装は派手すぎないか、礼儀や敬語を含めて、常識的な話し方ができるかどうかなど、自分を客観的にみて、その場に見合った服装と態度が求められます。
入居審査、意外と侮れません。