意外に知らない?

>

なぜ入居審査があるのか

どのように行われるのか

入居審査とは、借りる側が貸し出す物件に住んでも大丈夫かどうか(金銭的なことも含めて)を判断するものです。
審査するのは、家主さんと不動産屋さんということになります。
入居審査が行われるのは、借りる側が目当ての物件に申込みする際です。
審査結果がでるのは、2日から1週間程度と言われています。

必要となる書類は、源泉徴収票など収入を証明できるものと印鑑、免許証などの身分を証明できる書類などが基本的なものです。
物件により、連帯保証人とその収入証明や身分証が必要な場合もありますので、不動産屋さんに聞いておきましょう。
幸い契約に至る場合には、さらに必要な書類が必要になるので注意が必要です。
それらをまずしっかり揃えられることが借りるためのスタート地点になります。

どこをみているのか

入居審査に最も重要なチェックポイントはやはり収入です。
高級な物件であろうとなかろうともチェックされます。
それは月々の家賃がしっかりと払っていけるかどうか、というのが貸す側にとっては最も大きな問題だからです。
たとえ収入が多くても、借金が多かったり、カードの滞納が複数あれば、そこに住むのに相応しくないと判断される可能性もあるのです。
そのような理由から源泉徴収票などの提出を求めているのです。

職種で判断されることはないと思いますが、どのような会社にどのくらい(何年)勤務しているかというのも審査の対象です。
何回も転職を繰り返しているようでは、その人に問題ありとみられる可能性もあります。
勤務年数なども審査の対象となるかもしれないので注意したいところです。